伊賀文学振興会出版事務局

うつし世の三重  江戸川乱歩三重県随筆集

出 版 し ま し た

B6変型判(182×182ミリ) 168頁 ソフトカバー装
定価:本体2200円+税

刊行にあたって

 私たち伊賀文学振興会は昨年6月、三重県伊賀地域(伊賀市、名張市)の文学振興を目的に、伊賀市役所企画振興部文化交流課に事務局を置いて発足した団体です。伊賀地域ゆかりの作家と伊賀地域を舞台にした作品を顕彰し、地域の文化や文学を深く知るとともに広く発信するための活動を目指しています。

 結成初年度の事業として、名張市出身の探偵作家・江戸川乱歩をとりあげ、『うつし世の三重 江戸川乱歩三重県随筆集』の編集を進めてまいりましたが、このほど刊行の運びとなりました。

 江戸川乱歩は没後55年を経過してなお新たな版で著作が出版され、また演劇、映画、テレビドラマ、アニメ、コミックなどの原作にも作品が採用されて、多くの人に親しまれている人気作家ですが、三重県とのゆかりを軸に乱歩をとりあげた書籍はありませんでした。

 『うつし世の三重 江戸川乱歩三重県随筆集』では、乱歩がデビューする以前、三重県の鳥羽造船所に勤務していた大正7年(1918)に執筆した造船所機関誌の記事や、昭和16年(1941)作成のスクラップブック『貼雑年譜』に書き入れた手稿なども視野に入れて作品を選出、これまで活字になったことがない文章も含めて70点を収録しました。

 県民にもあまり知られていない三重とのかかわりを手かがりに、郷土の偉大な先人である乱歩の生涯を浮き彫りにした内容となっています。概要は下のリーフレットの画像をクリックしてご一読ください。

  2020年6月

伊賀文学振興会   
代表 福田和幸  


 

『うつし世の三重 江戸川乱歩三重県随筆集』の郵送でのご購入は下記のアドレス宛メールでお申し込みください。

   伊賀文学振興会出版事務局 igabun@ueno-pri.co.jp

お申し込みのメールは件名を「うつし世の三重」とし、下記をご記入ください。


   郵便番号
   ご住所(送付先)
   お名前
   電話番号
   メールアドレス
   購入部数

メール着信後、返信で振込先をお知らせし、ご入金確認後、『うつし世の三重 江戸川乱歩三重県随筆集』をお送りします。

郵送はクリックポストを利用し、送料は1部198円です。

お問い合わせも上記アドレスへお願いします。


『うつし世の三重 江戸川乱歩三重県随筆集』取り扱い所

【東京都】

  杉並区
   今野書店

【三重県】

  津市
   別所書店

  四日市市
   TSUTAYA 四日市店

  伊勢市
   有文堂

  松阪市
   小濱書店

  名張市
   川口書店 桔梗が丘店
   桔梗が丘書店
   ひまわり書店

  亀山市
   高村書店

  鳥羽市
   江戸川乱歩館
   尚文堂書店

  志摩市
   ブックハウス中岡

  伊賀市
   井筒屋書店 あかもん店
   グリンモール岡森 白鳳店
   ブックス芳文堂
   伊賀文学振興会出版事務局(上野印刷株式会社内)


【2020年6月】

6月22日放送の伊賀上野ケーブルテレビ i-cityニュースで『うつし世の三重 江戸川乱歩三重県随筆集』が紹介されました。
6月22日号のi-cityニュース 2020年06月22日

6月25日発行の読売新聞伊賀版で『うつし世の三重 江戸川乱歩三重県随筆集』が紹介されました。
乱歩郷愁の随筆集 伊賀文学振興会刊行 名張や鳥羽三重愛を詳述 2020/06/25 05:00

【2020年7月】

7月4日発行の毎日新聞伊賀版で『うつし世の三重 江戸川乱歩三重県随筆集』が紹介されました。
三重への愛着、率直に 乱歩エッセー70点集める 「伊賀文学振興会」発行 伊賀広域 /三重 2020年7月4日

7月5日、伊賀市公式サイトに伊賀文学振興会と伊賀市が共催する「マイ・ストーリー伊賀」募集事業の記事が掲載されました。
「マイ・ストーリー伊賀」~物語・エッセイを募集します~ 2020年7月5日

7月10日、ブログ「銀髪伯爵 バードス島綺譚」で『うつし世の三重 江戸川乱歩三重県随筆集』をご紹介いただきました。
『うつし世の三重~江戸川乱歩三重県随筆集』中相作(編) 7月 10, 2020


© 2020 伊賀文学振興会
【出版事務局】上野印刷株式会社内
〒518-0823 三重県伊賀市四十九町2110
TEL 0595-21-0801 FAX 0595-21-2818 MAIL igabun@ueno-pri.co.jp